2009年02月15日

牛乳もち

昔、いきなり黄金伝説で「牛と羊と同居して、その乳だけで1週間暮らす伝説」というのがあり、ココリコの田中が牛乳に片栗粉を混ぜて、餅みたいなの作ってたな〜と、ふと思い出した。

思い出すと、無性に食べてみたくなる。ということで、ググってみるといっぱいヒットする。どうやら「牛乳もち」や「ミルクもち」という名前が一般的なようだ。

クックパッドで検索しても、結構ヒットする。

そこで、今日の午後に早速作ってみた。

材料はすべて自宅にあったもでそろえた。といっても、これだけ。
20090215855s.jpg
・牛乳 500cc
・片栗粉 大さじ6杯
・砂糖 大さじ3杯
以上。

まずは片栗粉と砂糖をなべに入れて、混ぜる。
20090215856s.jpg

次に牛乳を投入して、またよく混ぜる。牛乳を入れたタイミングで、底に多少ダマになってしまったので、せっせとほぐして混ぜた。もしかして、牛乳を先に入れるべきか・・・?
20090215857s.jpg

あとは鍋を中火程度で加熱しながら、ひたすら混ぜ続ける。ひたすらと言っても、ほんの数分間だけど。

で、数分すると急激に固まり始めるので、そこで手を緩めず1分程度がっつり混ぜる。結構粘りがすごくて、力が必要だった。
20090215858s.jpg

以上で完成。適当にスプーンですくって皿にのせたり、冷却するためにまとめて皿に移したりした。
20090215859s.jpg

スプーンですくった分はすぐに食べてみたが、暖かくてふわふわで、牛乳の味がほんのりしておいしい。砂糖も入れてあるので、少し甘い。

さらに冷蔵庫で冷やしてから食べてみたら、作った直後の皿にくっつくような粘りはなくなり、多少固まった感じになるが、これまたプルプルでおいしい。どちらかというと、冷やして食べた方がおいしいな。

きなこをまぶすのがメジャーみたいだけど、ブルーベリーソースとか黒蜜とかかけてもおいしいかも。

子供達にも好評で、喜んで食べていた。特に牛乳嫌いな息子が、おいしいと言って食べていたのは良かった。

今回は牛乳500ccで作ったけど、ちと多すぎだったようだ。我が家だともう少し少ない方がよいかな。

とっても簡単ですぐに出来て、結構おいしいので、また子供達に作ってあげようかな。
posted by みっちー at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) |


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26778383
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック