2010年03月24日

WindowsServer2008のタスクスケジューラ

昨日は休日出勤だったんだけど、結局午前3時半くらいまで仕事・・・orz

なぜならWindowsServer2008のタスクスケジューラにはまってしまい、昼間の多くの時間をそれに費やしてしまったからだ。

くっそ〜ものすごくイラっとして腹がたったので、メモついでに書いておく。


WindowsServer2008のタスクスケジューラでプログラムを実行するためのタスクを設定するときは、「操作」タブ→「操作の編集」→「開始(オプション)(T)」に作業ディレクトリを指定することを忘れてはいけない。

自分はこれに気付かず、作業ディレクトリを空のままで一生懸命タスクでプログラムを実行していたため、一見実行されるけど何も起こらず、でも処理結果は正常完了みたいな変な現象に数時間悩まされ続けた・・・。

ここに書いてある通りだ。

わかりにくいんだよ、まったく。
posted by みっちー at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36632193
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック