2012年03月11日

あれから1年

あの歴史的な震災からもう1年か・・・。

自分の住んでいた岩手県で起こっていることがあまりにも衝撃的で、停電の暗闇の中しょっちゅうやってくる余震に揺られながら、暖房の止まった部屋で布団にくるまって安否を知らせるラジオ放送を夜通し聴いていたことを思い出す。

あのときは携帯のバッテリーも残り少なく、ラジオしか情報源がなかったから、ずっとラジオをつけっぱなしだった。

「○○さん、連絡ください」とか「○○は元気です。」などの伝言や、避難所の名簿をひたすら読み上げたり。やっぱり災害時はラジオが役立つ。

停電から復旧後も、現代日本では起こりえないと思っていた物不足とガソリン不足に困った日々。とは言っても自分が受けた被害は極小。沿岸部はこれからどうやって復興するのだろうか・・・。

しかし、今後首都直下型地震がもし発生したら、日本はどうなってしまうのだろうかと思うと、いろいろと不安。
posted by みっちー at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54397452
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック