2006年03月19日

休日出勤・初回転寿司・ベビーゲート

土曜日は良い天気だったが、またまた休日出勤。午前中から出勤して夕方5時過ぎまで仕事。
帰路ではいつもの二葉屋に寄ってワッフルを購入。その後、PCデポやパソコン工房を偵察してから帰宅。
夜は久々に回転寿司を食べようと「釜石ごん太」の南大橋店へ。子供は生まれて初めての回転寿司だ。
ちと混んでいて結局30分くらい待たされてしまった。
席についてからは、まず子供用の寿司を確保。納豆巻きにカッパ巻き、あと握りはたまごだ。でも、やっぱ子供と一緒だと何かと大変で・・・納豆巻きは大きすぎて口からはみだして納豆と米が口の周りと手にぐちょぐちょの状態。カッパ巻きは、なぜかきゅうりだけ取り出して食べるし(米は残す)。その世話をしながら自分も食べるので、手は納豆臭いし、落ち着いて食べれないし、最後に食べ終わった子供が飽きてぐずってくるし。でも、久々の開店寿司はなかなかおいしかった。

回転寿司の後に、西松屋でベビーゲートを物色。というのも、寝室の入り口が引き戸なのだが、子供が1人で起きて勝手に戸を開けて部屋を出てしまうことがあるからだ。戸を開けるとすぐに階段があるので、階段から転落する危険がある。
階段の降り口にゲートをつけることも考えたが、どうも法律(?)で禁止されている事項らしく、あと万が一ゲートでつまづいたら大人も転落する危険性があるということで、やめた。
西松屋ではいろいろとゲートを売っていたが、どうせ寝室だしということで、一番安い4000円くらいのやつに決定。帰宅後、とりつけてみたが、やっぱり安いだけあってイマイチな感じが・・・。ゲートの開く部分の幅が微妙に狭いし、ロックを解除しての開け閉めがちょっと面倒。しかも、自動で閉まったりしないし。
画像

ちなみに、1階の階段の上り口に取り付けているベビーゲートはちょっと良いやつをチョイスしている。これは木で出来てるし、自動的に閉まるし、幅も広い。玄関から入ると正面に見える位置なので、ちょっと奮発してみた。
画像


今朝はいつもの「がっちりマンデー」を鑑賞。今日は会社四季報の特集で、非常に興味深い内容だった。
会社四季報があるのは知っていたが、活用方法というとどうも面倒で見る気が全くしなかった。
で、何が興味深いって達人の四季報の使い方。下記が紹介されていた。
 ・後ろの付録から読む
 ・浮動株をチェック(株としての希少価値が高い)
 ・平均年収÷平均年齢=高い数字のものに投資
 ・PERに着目(15倍以下だと割安)
特に平均年収÷平均年齢は初耳だし、単純だから使えるかも。
あと、四季報編集部の各業種担当の今後期待できる企業として下記が上げられていた。
 ・ゼネコン業界 …最大手マンションメーカー
 ・自動車業界 …業績回復の自動車メーカー
 ・IT業界    …情報を比較して提供する新興IT企業
これまた興味深い。自動車とITについてはだいたい想像がつくのだが、本当だろうか?
四季報編集長が今後注目する業種としては、BSE問題の影響で欧米で魚が売れているので、漁業会社で欧米に拠点を持っている会社が注目、とのこと。
う〜む、今後の株式投資を始める際の参考にしよう。
posted by みっちー at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5873842
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック