2012年12月24日

ユニクロは超絶ブラック?

なかなか興味深い話。

「柳井正は人として終わってる」を読んで

ユニクロには客としてたまに行くけど、その裏では社員はそんな状況だったのかと初めて知った。

客として行くには天国だが、社員として働くには地獄・・・なんかそういう会社って日本にいっぱいあるんじゃないかなぁ。

みんな一生懸命なのは良いけれど、それが間違った方向に暴走していくといずれ破綻するんじゃないかと思う次第。
posted by みっちー at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 面白ネタ


この記事へのコメント
こんばんは。
お元気ですか?
東京では通勤電車のドアが開くたびに
冷気が厳しく感じる今日このごろです。

ところでこの記事、興味深く読ませて
いただきました。
ありがとうございます。
かなりリアリティのある話なので
本当の元社員のカミングアウトなんでしょう。

5時起き7時出勤で裁量労働すか・・・
自分は来年の診断士の試験を目指し
朝4:45起きで6:50出勤で勉強していますが
自己啓発の一環なのでやめたかったら
いつでもやめれるという
お気楽な気持ちでやっていますが、それでもしんどいです。

7時から何時まで働いているか知りませんが、
そんな仕事する傍らでTOEIC750のための勉強はしんどいですよ。
毎日英会話やってないと日本人職場の人は取れないレベルと思います。

逆に思いましたが、ユニクロ本社で勤務経験があれば
どの企業でもやっていけるんじゃないか?とすら感じました。

客としては満足しても
社員が幸せになれない会社は長くはないかもしれませんね。
Posted by 元ご近所 at 2012年12月27日 22:40
元ご近所さん、どうもです。

お久しぶりです。こちらは何とか元気にやってますよ。今月は毎日深夜残業が続き、日付が変わってから帰宅することがほとんどになってしまいましたが、なんとか耐えて年末休みに突入することが出来ました。

ユニクロの惨状についてはこの記事を読んで初めて知ったのですが、さすがにこれはひどすぎですよね。

TOEICにしても、確かに自分のためにはなるでしょうが、それをここまで強制してしまうと苦痛でしかなくなります。

下っ端が責任を被るというのもひどすぎですよ・・。これは本当にひどいと思います。基本的に何か仕事で大きなミスをやらかしたとしても、その個人にも責任はありますが、同時に上司も責任を取るのが常識ですよね。上司ってのは責任を取ることもひとつの重要な仕事ですから。

元ご近所さんが言うように、ユニクロを経験すれば他でもやっていけるのではというのは一理あります。前職に比べれば全然だいじょうぶ、と思うような。ちなみに自分も前部署に比べれば全然だいじょうぶ、と思いながら仕事してます。厳しい環境で経験積めば、知らず知らずのうちにスキルも上がっていたりしますしね。

ただ、おっしゃるとおり、社員が幸せになれない会社はこの先あまり永くは続かないかもしれません。少なからず優秀な人材は離れていってしまっているでしょうから。
Posted by みっちー at 2012年12月30日 07:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61004592
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック