2007年11月11日

男の冷麺・おでん缶

今朝も息子に起こされて8時30分頃に起床。

昨夜は午前3時ごろまでノートパソコンをいじったりして、その後は下の娘が起きてしまって寝かしつけるのに30分以上格闘したので、寝たのは4時ごろだろうか・・・。完全に寝不足だ。

午前中はまた家のことをやって、後は子供たちと遊んだりゴロゴロしたりして過ごす。

午後は前潟のイオンへ行って買い物。雨の日曜ということで、混雑していた。

夕食時に面白いものを2つほど。

1つは「男の冷麺」。これはいただきもの。 
ネーミングとパッケージがぐっとくるね〜。
20071111CIMG4744.jpg

開封してみると、麺とスープが入っている。
冷麺の麺に唐辛子が練りこんであるので、麺が赤いのが特徴。
20071111CIMG4747.jpg

ゆでてみると、唐辛子のせいでお湯が赤くなる。ゆで時間は4分30秒。
20071111CIMG4750.jpg

どんぶりに盛ってみるとこんな感じ。通常の晩御飯に追加して食べたので、トッピングは特になし。
麺は通常の冷麺よりも若干細い感じで、弾力は少し弱い。
20071111CIMG4751.jpg

食べてみると見た目ほど辛くない。ほんのり辛いという感じ。追加でキムチを入れれば結構辛くなるかも。
スープは酸味が効いてておいしかった。パッケージは過激な感じがするけど、これはたいていの人はおいしくいただけるのではないだろうか。
この冷麺を購入できるのはまがりや.net。普通に食べるのにも良いけど、ネタとしても非常に使えるだろう。

もうひとつは天狗缶詰おでん缶。秋葉で有名なやつと同じ。
20071111KC350123.jpg

通勤途中の自販機で売っていたもの。価格は300円なり。盛岡でもおでん缶は売っていたのねぇ。

開封して皿に盛ってみる。スープが多いので埋れているが、具は牛すじ、さつまあげ、ちくわ、こんにゃく、大根、うずら卵、昆布、結びこんにゃくだ。缶に詰め込んである関係上、具はみんな小さめ。
20071111CIMG4748.jpg

食べてみるとなかなかおいしい。でも、すべての具に共通する風味がある・・・スープの味がそうなのか。牛すじの風味なのかなぁ。例えるならば、魚の缶詰を食べたときに感じる風味だ。別にそれがおいしくないというわけではなく、普通においしいのだけれど。
自販機には、これ以外にも違う風味のおでん缶があったし、最近話題になったラーメン缶もあったので、近日中にそちらもトライ予定だ。
posted by みっちー at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6689345
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック