2014年02月23日

ARTs of JOMON in AOMORI

青森県立美術館で開催されたARTs of JOMON in AOMORIへ行ってみた。主な目的はワークショップだ。

美術館の周りはすっかり深い雪で覆われている。
DSC05218s.jpg

10時から開場なので9時50分頃に行ったらもう20人くらい人がいて、すでにワークショップは予約でいっぱいとのこと。なぬ、予約できるとは知らなかった。そんなことどこにも書いてないし。

しょうがないので木のストラップ作りを予約。10時30分頃からスタートとのことだったので、とりあえず縄文アートを見て歩く。
DSC05167s.jpg

なるほどね、これが縄文アートか。独特の模様だ。
DSC05170s.jpg

これも縄文アートか。確かにそれっぽい目ね。
DSC05166s.jpg

縄文アートの展示は20分もしないくらいで見終わってしまい、10時30分頃までブラブラと待つ。しかしなかなか混雑してて順番が回ってこず、結局11時くらいになってスタートとなった。ま、しょうがない。

今回の木のストラップ作りは青森市内にあるshimotai kaguの下平さんが指導してくれるものだ。

まずはストラップにするための木をノミと金槌で割る。すでに細く切ってある木も用意してあるのでどちらでもよいとのこと。娘はすでに用意してあった木を使い、息子は自分で割る方を選択。

ノミと金槌で木を割るなんて息子にとっては初めての体験だ。
DSC05182s.jpg

ほどよく細い木片が出来たら、紙やすりで表面を滑らかにする。
DSC05178s.jpg

表面が十分に滑らかになったら、今度はくるみを金槌で割る。
DSC05198s.jpg

割れたくるみの殻からくるみをほじくりだす。
DSC05200s.jpg

くるみを布で包んで、金槌で叩く。そうするとくるみの油が染み出してくる。
DSC05208s.jpg

染みだしてきたくるみの油を木片にまんべんなく塗る。くるみの油が塗装となり、木を守ってくれるそうだ。
DSC05209s.jpg

くるみの油を塗り終わったらストラップの金具をねじ込み、最後に好きな文字を組み合わせてスタンプを押して出来上がり。娘はスタンプが楽しいらしく、押しまくってた。
DSC05216s.jpg

完全オリジナルな木のストラップが出来るので、大人でももちろん楽しい。子供たちにとっても初めての体験で、なかなか良かった。

と、shimotai kaguのブログを見たら我が家の子供たちが写ってる!

こういうワークショップは良い経験になるし、楽しいので今後も極力参加したいな。
posted by みっちー at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/88288672
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック